赤松利市

赤松利市

一九五六年、香川県生まれ。
関西大学文学部卒業。三十五歳で起業するも五十五歳で経営破綻。以後、職を転々とする。土木作業員、除染作業員、風俗店呼込み、バス誘導員など。
六十二歳で大藪春彦新人賞を受賞し書き下ろし長編『鯖』で小説家デビュー。
同書は未来屋書店大賞二位を獲得し、翌年の山本周五郎賞にノミネートされる。さらに六作目となる『犬』が大藪春彦賞を受賞。三作目となる『ボダ子』が二〇二〇年度の山本周五郎にノミネートされる。
その他の著書に『らんちう』『藻屑蟹』『純子』『女童』『アウターライズ』がある。

最新刊は二〇二〇年三月六日発売の『アウターライズ』(中央公論新社)